診療時間 / 10:00 ~ 20:00

休診日 / 火曜午後・土曜午後

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)と聞くと、主に高齢者ばかりに現れる症状で、勃起が全く出来ない状態のみをイメージする方が多いと思います。
しかし、中年の方に多い、「挿入に十分な勃起を得るまでに時間を要してしまう」、いわゆる「半起ちでセックスに満足できない」といったこともEDなのです。

EDの定義

EDとは、Erectile Dysfunctionの略で、勃起機能の低下、あるいは男性の性機能障害を指します。
診断名:「勃起障害」「勃起不全」
具体的に解釈すると、性行為時に十分な勃起が得られないこと、または十分な勃起が維持できないことにより、「満足な性交が行えない状態」と定義されています。
以前は、インポテンツという疾患名が使われていましたが、直訳では「性的に不能」という狭義的な意味となり、原因によっても意味が合わないため、最近では、広義の意味合いをもつ「ED」が医療機関で使用されるようになりました。

勃起が起こるメカニズム

物理的刺激が五感を通じて、脳へと信号伝達(反射性勃起)/想像(妄想)が脳で起こる(中枢性勃起の始まり)→脊髄を通じて勃起神経へ信号が伝達される→陰茎周囲の血流を調整する平滑筋へ電気信号が伝わる→陰茎海綿体へ血液が流入し、勃起。

具体的な症状/レベル

症状の程度により、3パターンの以下のレベルに分けられます。

たまに勃起が起こらない:軽症

勃起の硬度が不十分で、時々性交に失敗する:中等度

勃起が起こらず常に性交に望めない:完全型

また、これらの男性器の・器質的・身体的症状に加え、「本人の意思とは裏腹に、思い通りの性交が行えない状態」という精神的な要因が強い場合も含みます。
では、診断に訪れた方々の実際の声は?

・せっかく勃起したのに射精前に萎えて中折れ状態になってしまった。
・なんとなく勃ち感が悪いなと感じた。
・セックスをしようとしたのに、パートナーやセックスの相手の言動によって、精神的に勃たなくなった。
・特定の相手・パートナーとの性交だけ、うまく勃たない。
・勃起はできたのに、その後しばらくすると柔らかくなってしまい、硬くならずにそのまま射精へと至ってしまった。
・刺激がないと、あるいは刺激の仕方によっては勃起が維持できるが、自己の意思に反した刺激だと萎えてしまった。

これらの実際の声を聴いてみますと、気になる方は結構多いのではないでしょうか。
軽度で気になるけれどどうしていいかわからないといった方の場合、原因へのアプローチをしないと悪化するといったケースもありますので、少しでも気になる方は医療機関への相談やセルフチェックなどを行っている医療機関やネットでの自己診断を活用してみるといったことをお勧めします。