診療時間 / 10:00 ~ 20:00

休診日 / 火曜午後・土曜午後

バイアグラの効果・副作用・服用方法

バイアグラ バイアグラは日本国内では医師の処方箋が必要となる「処方箋医薬品」に分類されますので、初めて使うといった場合は、通販の個人輸入代行サイトではなく、医療機関でしっかりと問診と診察・検査を受けて内服されることをおすすめします。
では、バイアグラのメカニズムから、気になる効果・効能をみていきます。

バイアグラが勃起を起こすメカニズム・機序

人間は勃起を抑える酵素を体内に持っており、常に陰茎が勃起していることがないように作用しています。
この酵素を「5型ホスホジエステラーゼ」といいますが、これが常時、優勢な働きを続けるとED、つまりは勃起不全障害を起こしてしまうという仕組みです。

そこでシルデナフィルは、この抑制酵素の活性を阻害する働きをして、陰茎周辺部にある神経へ作用し、血管を拡張し、陰茎海綿体に流れる血流量を増やすことで勃起を起こし、維持すると考えられます。

効果・効能

バイアグラを性行為の30分程前に内服し、性的な物理的刺激を陰茎に加えると、陰茎が勃起する効果を発現し、4時間程度作用効果が持続します。

なお、媚薬効果や精力剤といわれるような作用はなく、単純に機械的に血管に作用し、男性器を勃起へと導く補助剤であるため、使用する前提として性的な興奮を得る必要があります。

副作用

シルデナフィルの血管拡張作用に伴い顔面紅潮や、鼻閉感、頭痛が生じることがありますが、効果として捉え、酷くなければ経過観察でかまいません。

そのほかには眼の充血、動悸、色覚変化等が生じる場合がありますが、これらも一時的な作用です。

重篤なものには、頻度は少ないですが、長期間の服用による肝疾患、アレルギー症状、アナフィラキシー症状、過敏症状等があり、この場合にはすぐの処置が必要ですので、発疹が出たり、強い呼吸困難間等が出た場合にはすぐに医療機関の受診して下さい。

服用方法

性交の30~1時間前に1錠を経口摂取します。
脂肪分・油が薬の吸収・効果を低下させるので、食事時間を2時間ずらすなど工夫が必要です。

また、アルコールは少量であれば問題ありませんが、リラックス効果があるため、多量に飲むと効果が半減する可能性があることを念頭に入れてお使い下さい。